英語は精読するべき?

あまり知られていませんが、日本語でも英語でも本を多く読むことは非常に重要部分です。本を多く読むことは一般的に英語学習者に多方面にわたるものを発生させてくれます。それによって英語のテンポが自分自身につきますし、英語を英語で極めるパワーが増加しひとりでに速読力もよくなります。加えて、ボキャブラリーのパワーアップにもお陰様でダイレクトに影響します。
ところがどっこい、私が把握している限り、そうは言っても社会人の方においては本を多く読む時間がない方が大部分だと言えます。実際の記録で見せることはしんどいですが、多読でリーディング力を良化するには、単純にどんなにひどくても毎日1時間のリーディングを3カ月程度は何回も行うことが大切です。


もっと言うなら、学習初期の方が多読に手をつけてしまうと、ひょっとするとちゃんと考えずに読み流してしまうこともあると聞きます。お伝えしたいのはずっと前からご紹介しているように、「読み流し、聞き流し」というのは疑う余地もなく英語力のUPは期待できません。
覚えておいてほしいのは次にあげるようなポイントからも、英語学習における読書は精読メインとなってした方がよいです。事実を「イメージ」でなくて「セオリー(文法)」で頭に叩き込んでいくことが大事なのです。こういった風にした精読するイメージがリーディング力進化をスムーズにし、こうして精読と多読を二足のわらじ可能である技量に変貌するのです。


伸びる人:音読をしている
伸びない人:黙読をしている

10分だけ読んでみよう


何はともあれこのページではちょっぴり極端な言い方に苛まれてしまいましたが、あらゆるリーディング勉強を音読でチャレンジするという意味を込めてはありません。多かれ少なかれいつもの英語勉強の一つとして10分前後でも音読を採用するべきということを意味します。
音読学習の役割りを狙うなら、一度くらいは耳にしましたことがあるんじゃありませんか。にも関わらず、他方で、リアルに行動に移実施している方は僅かであると考えられます。音読学習が導入されない要因はその効き目が明白化する以前に歳月が必要になってしまうところにあると思われます。但し、手に取るように察知するまでに歳月が必要になってしまいますが、説明のしようがない(実感できない)部分で英語力の上達に急激に影響を及ぼしています。